ミネラルベリルは何のために使われていますか?

ベリル事実

ベリルはよく知られているミネラルですが、このベリリウムアルミニウムのシリコシリケートから形成される多くの宝石の一つとしてあなたが最もよく知っているでしょう。アクアマリンとエメラルドは、石の中の化学的な含有物に応じていくつかの他の種類がありますが、最も一般的なタイプのベリルです。近代的なベリルの用途は、ジュエリーや芸術のアプリケーションに集中する傾向があります。品種はとても美しく、合計で6種類あります。

ベリルの科学的使用

ベリルにはベリリウムと呼ばれる非常に希少な元素が含まれています。ベリリウムは約100種類の鉱物にしか見られません。それは、他のいくつかのアプリケーションでもベリルを使用していますが、科学コミュニティにとって非常に重要です。最も一般的なものの1つはワイヤーの生産ですが、ベリルも宇宙船に使われています。

ベリルの歴史的使用

最初に記録されたベリルの使用はエジプト時代であったが、それはさらに後に使用されたと思われる。それは常に貴重な石と考えられており、装身具、武器、衣類によく見られます。

ベリルフォークロア

多くの宝石と同様に、さまざまな種類のベリルには、それらに関連するさまざまな全体的および魔法的特性があります。エメラルドは癒しと保護の石とみなされ、深い緑の色を引きます。アクアマリンは精神力を高める方法であるだけでなく、クレンジングストーンとも言われています。美しいピンクの色合いを持つモルガナイトは、愛と幸福を追求し、共感を促進するために使われています。

ベリルの種類

最もよく知られているベリルはエメラルドですが、実際にはこの鉱物には6種類の品種があります。 Berylは石が示す色の壮大な範囲につながることができるので、不純物が良いと考えられる数少ないミネラルの1つです。エメラルドは緑色の品種で、その中の最も希少なベリルはすべてビックスバイトです。これは美しい赤です。アクアマリンは半貴石とみなされ、薄い青色の色合いがあります。あまり知られていないタイプのベリルは、無色のモルガナイトであるゴセナイトであり、これはピンクとマキシシーズであり、はるかに深い青色である。

ベリルが形成される場所

ベリルが一般的に形成される3つの異なるタイプの岩石があります。最初に最も普及したのは、花崗岩ペグマタイトです。雲母だけでなく石灰岩でも見つけることができます。このタイプの岩は、最も有名なエメラルド鉱山のあるコロンビア、南アフリカ、ブラジル、米国中部および西部にあります。

友達と共有します