ダイヤモンドの切断に使用される工具

ダイヤモンドの切断に使用される工具

ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質であり、モースの硬度スケールで完全な10と評価されています。ただ一つのダイヤモンドだけを切るのに十分な硬さです。ダイヤモンド切断の技術は何百年も存在しており、今日使用されている技術は本質的に元の技術と同じです。もちろん、いくつかのツールは、より正確な機能とより現代的な外観を備えています。

歴史

ダイヤモンド切削工具の最も重要な革新は、フレミッシュジュエリーのLodewyk van Berkenによって1456年に発明されたスカイフでした。 Scaifは、オリーブオイルとダイヤモンドダストを注入した研磨ホイールで、最良の角度であらゆるファセットで宝石を研磨することができます。ダイヤモンドカットに革命をもたらし、ダイヤモンドをジュエリー作りのような人気のあるアプリケーションに役立てました。それは本質的にダイヤモンドの小売市場を創出した。ダイヤモンドダストをブレードの切断力を高めるために使用できるという考え方は広く適用されており、電気を使用して機械およびコンピュータに切断を誘導する最新のダイヤモンド切断装置の中心的な特徴である。

関数

粗いダイヤモンドを宝石に変えるプロセスは真の芸術であり、段階的に進歩しています。ダイヤモンドの自然な特徴と色に基づいてデザインを計画するのにかなりの時間を費やした後、不純物が使用されていない場合は、粗いダイヤモンドがその天然粒に沿って切断されることがあります。ダイヤモンドは、最終的なデザインの一般的な形に鋸引きされますが、ファセットはありません。その後、旋盤に取り付けられ、別のダイヤモンドによって削られます。最後に、切削ダイヤモンドに独特の発光特性を与える複数のファセットを適用するために、電気式のスカイフを使用します。プロセスの各ステップでは、完成した宝石を製造するためにダイヤモンドティップツールが採用されています。

特徴

ブリュートは、旋盤を使用して円錐形にダイヤモンドを丸め、それを所望の寸法になるまで別のダイヤモンドにこすりつける工程の名称である。近代的な自動彫刻は、コンピュータソフトウェアとレーザーセンサーを使用して完璧な形状を達成するための圧力を適切に適用します。ブリュートは実際にはダイヤモンドの最初の切り取りであり、完成した宝石の基本的な形を確立します。

タイプ

商業用ダイヤモンドは、その無数の複雑な面で知られています。これを実現するために、最新のダイヤモンドカッターは、ポリメトリックシンチレーター、ファセットトロン、カボショングラインダーなど、いくつかの電気半自動ファセットマシンから選択できます。熟練した職人は、ドープと呼ばれる木製のダボの最後に宝石を保持しながら、速度を電子的に制御する機械のバフ面に押し当てることによって、元のデザインの最終段階を実行します。摩擦熱を減少させるために水が表面を通過します。彼らの進歩を注意深く観察するために、カッターはルーペと呼ばれる古典的な拡大鏡を使います。

考慮事項

プロのダイヤモンド加工の多くは米国以外で行われていますが、それはアメリカのアマチュアファウンダー約1万7000人を選ばれた趣味から守るものではありません。 Facetronのような効果的なダイヤモンド切断工具は、プロが使用する多くの機能を備えた2,500ドル以下で入手できます。このオールインワンのツールは、すべての必須ダイヤモンドカット作業を実行でき、あらゆる種類の宝石をカットすることができます。

友達と共有します