電子部品の製造に使用される原材料

電子部品はいくつかの種類の原材料から作られています。

何百万人もの人々が毎日使っている電子デバイスは、多くの小さな電子部品で構成されており、それらのコンポーネントはさまざまな原材料から作られています。これらの原材料は、優れた導電性から比類のない絶縁特性まで、電子部品に使用するのに最適な特殊な特性を持っています。

金属

銅は、その優れた導電性および展性(成形およびマッシュ加工能力)のためにしばしば使用される。 Nckel、クロム、アルミニウム、鉛、銀、スズも使用されています。これらの金属は、抵抗、コンデンサ、トランスデューサなどの部品に入ります。

プラスチックおよびその他の石油系材料

プラスチックおよび他の石油系材料は、主にそれらの絶縁および耐熱性のために電子部品に使用されている。ポリスチレン、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリ塩化ビニル(PVC)は、コンデンサやサーミスタなどの部品に広く使用されています。

鉱物および非金属材料

メタロイドまたは半金属とみなされるシリコンは、マイクロチップおよび半導体に使用されます。他の非金属または半金属材料は、アンチモン、ビスマス、コバルト、蛍石、ガーネット、マグネシウムおよびタルクである。

その他の原材料

セラミックスは様々な電子部品の絶縁体として使用されています。特定の粘土、ガラス、カルシウム(様々な形態)、金および炭素(様々な形態のものもよく用いられる)。

友達と共有します